NIPPON EXPRESS AUSTRALIAオーストラリア海外引越

NIPPON EXPRESS GROUP

ジェットパック

小口貨物でも、ご帰国時の別送品でも

ジェットパックは、航空便による身の回り品・お土産・ギフトなどの日本向け宅配サービスです。お客様ご本人がご帰国されず、お荷物だけを送る場合にもご利用いただけます。ドアからドアまで、日本通運が責任を持って安全確実にお届け致します。
なお、別送品サービスの「エアーパック」同様、お客様がお荷物を全て梱包するサービスですが、専用ダンボール等の梱包資材の提供は含まれていません。

特徴

  • 学生・ワーキングホリデー・単身の方のご帰国にぴったり。
  • ご自宅から引き取り。
  • 日通のネットワークで運ぶので安全かつ確実です。
  • 面倒な輸出入通関などは日通が行います。
  • シドニー発もしくはメルボルン発限定のサービスです。

料金(シドニー/メルボルン発)

5kg A$180.00
10kg A$200.00
15kg A$220.00
20kg A$240.00
25kg A$260.00
30kg A$280.00
35kg A$300.00
40kg A$320.00
45kg A$340.00
50kg A$360.00
55kg A$380.00
60kg A$400.00
65kg A$420.00
70kg A$440.00
75kg A$460.00
80kg A$480.00
85kg A$500.00
90kg A$520.00
95kg A$540.00
100kg A$560.00

*料金は予告なく変更になる場合があります。

重要事項

航空便の料金計算は、お荷物の実際の重さ(実重量)と箱の大きさ(容積重量)のいずれか大きい方をもとに計算します。
容積の重量換算は、6,000cm3を1.0kgとします。端数は1.0kgを単位に切り上げて計算します。
運送人の責任限度は、受託した貨物の実損(有責損害)部分につき、1kg当たりUS$20.00となります。

料金に含まれるもの

  • 発地(シドニーまたはメルボルン)市内中心部より50キロメートル圏内からのお荷物の引き取り
  • 輸出入通関、受託時のお客様の指示に基づく指定先一ヶ所までの配達料(戸口前まで)
  • 航空運賃

料金に含まれないもの

  • ダンボール等の梱包資材及び日通作業員による梱包料
  • ダンボール等の梱包資材の配達料
  • 通常集配区域外の特別集配料
  • 日本で発生する関税・消費税等の公租公課
  • 通常の取扱範囲を超える手続きや作業の提供に伴う費用(当社の営業時間外及び時間指定集配、開梱、廃材回収、動植物検疫料、食品検査料等)
  • 保税蔵置場の無料保管期間を超える保管料
  • 荷受人が、日本で当社以外の通関業者を指定した場合の通関・配達料
  • 貨物保険料
  • 航空会社から請求される実費料金(燃油追加料金・航空保安特別料金等)

ジェットパックの流れ

point 1
オーストラリア国内法や日本の法律・規則に基づいた書類が必要です。
引越荷物として通関するための書類が必要です。但し、通関手続きは日通が行います。

point 2
梱包はしっかりと。
お荷物は、航空機やトラックなどで長い距離を輸送されます。輸送中は振動や衝撃、気候や風土による温・湿度の大きな変化、時には、盗難の危険にさらされることもあります。そのために、お荷物の安全を考慮した、最適な梱包が必要となります。

point 3
輸入にかかる税金(関税・内国消費税)が発生したり、禁止・規制される品目があります。
オーストラリアから持ち出しが禁止・規制される品物や、日本で輸入が禁止・規制されている品物があります。
また、品物によっては輸入にかかる税金(関税・内国消費税)や特別な手数料が発生することもあります。

point 4
お荷物に保険をかけることが重要です。
大切なお荷物が、もしもの事故にあっても損失を最小限にするために、再び調達できる金額で価格を申告することをお勧めします。
ジェットパックでは申告価格A$5,000までをカバーする保険が自動的に掛けられます。

※別送品として送付する場合は、お客様がご帰国の際、別送品申告が必要となりますので、お忘れにならないようお願いします。詳細は、オーストラリア日通までお問い合わせください。

1. 受託制限の確認

  • 貨物一個当りの重量は32.0kg以下、一辺の長さは200cm以下(三辺の合計は300cm以下)とします。
  • お荷物の制限金額は、5,000豪ドル未満とします。
  • 配達可能地域は、離島を除く日本全国です。
  • 法令や規則・約款などにより、運送や輸出入が禁止・制限されている物品、あるいは特別な手続きや許認可を要する物品は、お引き受けできません。

お引き受けできない品目

  • あ:圧縮ガス、アルコール類、遺体、医薬品、医療器具、引火性物質、一時輸出入貨物(展示会貨物、カルネ扱い貨物等)
  • か:火器・弾薬、株券、貨幣(変造・模造・偽造を含む)、気化性物質、危険品、貴石・半貴石、金銀、銀行券、貴金属、貴重品、絹製品、腐りやすいもの、果実、化粧品、ゴザ、米
  • さ:債権、酸化剤、信書、磁気性物質、写真用閃光電球、紙幣、証券、植物、鉄砲、スプレー・エアゾール、生鮮食料品、象牙、船用品
  • た:たね(種子)、チーズ、通貨、刀剣、動物、毒物・劇物、トラベラーズチェック、泥・土砂、ドライアイス
  • な:なまもの、肉類(ビーフジャーキーは公認シール付きに限り10kgまで可、但し到着後、動物検疫料を別途申し受けます。)、乳製品
  • は:爆発物、バター、白金(プラチナ)、放射性物質、宝飾品、宝石、ポルノ雑誌・ビデオ等、武器、保冷品、バンクコンサインメント、美術品
  • ま:麻薬、麻薬吸煙具、ミルク、無体財産権を侵害する物品
  • や:薬品、有価証券、郵便切手(未使用)
  • ら:酪農品
  • わ:ワラ、ワシントン条約「絶滅のおそれがある野生動植物保護のための条約」で規制されている品目(皮製ハンドバック、ベルト、毛皮等)

*上記の他、器具・人間及び他の受託品に損傷又は配達に遅延を与えることが予想される全ての物品、及び発送国・目的国及び受託品が通過する国の法令及び規定により禁止されている物品は、お引き受けできません。
*通関上特別な手続きを要する貨物や、宛先等の表記が不適切な場合は、当社の責任に因らない遅延、超過料金が発生することがあります。

2. お荷物の梱包

ジェットパックでは、お客様にお荷物を梱包していただきます。ダンボール等、お客様がお持ちのものをご利用ください。
当社のダンボールをご希望の場合は別途料金にて承りますので、オーストラリア日通へお申し付けください。
当社にてご用意しているダンボールは以下の通りです。

種類 Sカートン Mカートン Lカートン XLカートン Gカートン
Sカートン:コアラ Mカートン:エミュー Lカートン:ウォンバット XLカートン:カンガルー Gカートン:カモノハシ
図柄 Koalas Emus Wombats Kangaroo Platypus
料金 A$5.00 + GST
(配達料は別)
A$6.00 + GST
(配達料は別)
A$6.00 + GST
(配達料は別)
A$8.00 + GST
(配達料は別)
A$6.00 + GST
(配達料は別)
サイズ 52x26x40 52x52x40 82x52x28 104x52x40 120x32x28
容量 0.05M3 0.1M3 0.1M3 0.2M3 0.1M3
重量の目安 20kg 15kg程度 15kg程度 20kg程度 15kg程度
内容の目安 文庫本70冊程度 厚手のセーター10~15着程度 背広10着程度 布団 ゴルフバッグ

梱包方法

ダンボールへのガムテープの貼り方

  • 重いものは小さなダンボールに、軽いものは大きなダンボールに詰めてください。
  • ダンボールの底と上には、クッションになるものを詰めて下さい。
  • こわれやすいものは、必ず一個ずつ、柔らかい紙やエアーキャップなどで十分に包んで下さい。
  • お皿など平たいものは、縦に詰めて下さい。
  • ダンボールの中には隙間を作らないようにしてください。
  • 詰め終わったら、ダンボールの外側のわかりやすい場所に以下のケースマークを太字でご記入下さい。壊れ物が入っているダンボールには「FRAGILE」と書いて下さい。

▼例
MR. A. YAMADA……お名前をパスポート表記の英文で記載して下さい。
TOKYO………………目的地を英文で記載してください。
C/NO.1………………1番からの通し番号をダンボールNo.として振って、記載してください。

ダンボールへのお名前などの記載方法

3. 必要書類の作成

オーストラリア及び日本の税関への輸出入申告は私どもで行いますが、その手続きのため、ジェットパック便申込書をご記入いただきます。申込書はお荷物の引き取り日までに、ご準備下さい。
ジェットパック申込書は通関必要書類であると同時に、お客様と私どもとの輸送契約書及び輸出通関委任状になります。この契約書をもとにお荷物を輸送いたしますので、間違いのないようにお書きください。
ジェットパック申込書の用紙は、以下からダウンロードが可能です。

ジェットパック申込書の記入方法

  • 荷受人様のお名前とお届け先をご記入ください。日中ご連絡可能な電話番号を必ずご記入ください。
  • 梱包後、箱の側面にご記入いただいたケースマークの番号をご記入ください。
  • 内容品名は出来る限り正確に記載ください。「日用雑貨」は不可です。関税の計算上、内容品が不明な場合は、内容点検が実施され、別途費用が発生しますのでご注意ください。
  • 数量につきましても、品名同様、正確にご記入ください。
  • お荷物の申告価格は、関税・消費税計算の基礎数値となりますので、新品の場合は購入価格、中古品の場合は時価にてご記入ください。又、万一の事故の際には補償限度額ともなりますので、充分に考慮頂いた上でご記入ください。尚、合計金額を忘れずにご記入ください。A$5,000.00を超える場合は、ジェットパックではお預かりできませんので、ご注意願います。
  • 貨物の種類をお選びください。別送品の場合は、日本への入国予定日をご記入ください。又、お客様がご帰国の際、別送品申告が必要となりますので、お忘れにならない様、お願いします。別送品申告については、こちら。
  • 貨物保険の要否をお選びください。大切なお荷物が、もしもの事故にあっても損失を最小限にするために、貨物保険を掛けることをお勧めします。
    保険金額は特にお申し出のない限りCIF価格(申告価格に運賃・保険料を加算した金額)の110%となります。ジェットパックでは申告価格A$5,000.00までをカバーする保険を、A$10.00にて承ります。
  • お支払方法をお選びください。
  • ダンボール個数をご記入ください。
  • 危険品に関する申告とご署名をお願いします。申込年月日欄はお引取り日をご記入ください。

4. お荷物の引き取り

お客様ご自身で梱包して頂いたダンボールをお引き取りします。弊社作業員がご自宅へ伺うまでには、お荷物を詰めたダンボールにケースマークを記載し、封をせずにご用意ください。また、オーストラリア保安基準により身分証明書をご提示頂きますので併せてご用意ください。
尚、土、日、祝日は営業しておりませんので、ご了承ください。

5. 代金のお支払い

ジェットパックの代金につきましては、元払いの場合は、お荷物引取り時にお支払いいただきます。お支払いは、現金又はクレジットカード(VISA又はMASTER)にて承ります。
個人名義の小切手はお引き受け致しかねますのでご了承ください。又、クレジットカードでのお支払いには、3%の取扱手数料を別途申し受けます。
日本での関税・消費税等については、原則として日本にて荷受人様にお支払い頂きますが、オーストラリアでのお支払いをご希望の場合は、別途ご相談ください。
着払いをご希望の場合は、着払い手数料として、別途A$15.00を申し受けます。
関税・消費税の他、動植物検疫費用、食品検査料、その他見積条件に基づく追加費用が発生する可能性がありますので、その場合は日本側日通から追加請求させて頂きますことを予めご了承下さい。

6. お荷物のお届け

お荷物は原則として、戸口前でのお渡しとなります。
着払いの場合、及び輸入通関に際して税金(関税、消費税等)等が発生した場合は、お荷物お届けの際にお支払いいただくことになります。 お荷物のお届け後、万一、破損等がございましたら、配達担当店までご連絡ください。
但し、ジェットパック便申込書に記載の無い品物の補償は致しかねます。又、申込書にご記入いただいた申告価格が保険金お支払いの限度額となりますのでご注意ください。
尚、損害のお申し出はお荷物お届け後、一ヶ月以内とさせていただきます。